トーシンパートナーズはマンション購入後のサポートも万全

一軒家

効率的な経営

電卓

アパートやマンションなどの不動産経営は、その経営が軌道に乗れば長期的に安定した収入を期待することができる不動産投資です。この安定した収入を老後の年金の代わりにしようと考えて始める人も数多く存在します。このサブリースを行なうときに一番重要な問題が、いかに空室を少なくするかということです。これは、空室リスクとよばれ、マンションやアパートの経営が成功するか、それとも不成功に終わってしまうのかということにも影響を及ぼします。この空室リスクを減らす方法の一つとして多くの人が利用しているのが、不動産業者などにマンションやアパートの施設を一棟まとめて借り上げてもらうサブリース契約です。マンションやアパートのオーナーは、施設を一棟まとめて借り上げてもらうことで、満室賃料の70パーセントから80パーセントを不動産業者から保証されます。また、サブリース契約を結ぶことで、施設の管理運営、家賃徴収業務もすべて不動産業者に委託することができます。このことは、マンションやアパートを経営するオーナーの負担を減らすことになるため、複数の施設を運営している場合や、オーナー自身が高齢で施設の管理が難しくなったときなどには有効活用することができると考えられます。

昨今の社会保障制度にはあまり信頼を寄せることができなくなっている状況です。何かとお金がかかる老後の生活は、自分でなんとかしなくてはなりません。不動産投資は、そのような状況に最適な投資方法と言えるでしょう。施設管理などの負担は、サブリース契約を結んですべて委託してしまえばよいのです。